webapp-config コマンド

gentoo で cacti とか zabbix とか dokuwiki とか、そういう webapp 系を emerge しても、一体どこにインストールされとるんじゃい……というおはなし。

インストールされた実体は /usr/share/webapps 下にあります。ただ、当然こんなところは web サーバーのドキュメントルートにはなっていないので、たとえば /var/www/localhost/htdocs 下とかに設置してやる必要があります。

webapp-config コマンドを使います。

# webapp-config -h localhost -d cacti -I cacti 1.0.4

こんな感じで。このコマンド、実はあんまりオプションの意味とかよく知らないんですが…… -h localhost は /var/www/localhost ディレクトリを指しているのかな…… -d はディレクトリなんだと思います。 /var/www/localhost/htdocs/ 下に作るディレクトリの名前かな、たぶん。 -I はインストールの意味です。で、後ろは webapp の名前とバージョンですね。これは /usr/share/webapps 下のディレクトリの名前を見れば、何を指定するべきかはわかると思います。

webapps # ls -l *
cacti:
total 8
drwxr-xr-x 7 root root 4096 Mar  8 10:02 0.8.8h
drwxr-xr-x 7 root root 4096 Mar  8 17:02 1.0.4

zabbix:
total 4
drwxr-xr-x 7 root root 4096 Mar  7 23:21 2.2.16

dokuwiki:
total 4
drwxr-xr-x 7 root root 4096 Mar 18 18:25 20140929d-r1

/usr/share/webapps 下はこんな感じになっているので、例えば -I cacti 0.8.8h とか -I zabbix 2.2.16 とか -I dokuwiki 20140929d-r1 とか、そんな風に指定します。

逆に、例えば新しいバージョンを設置したいとかの理由で現行の webapp を撤去する場合は -C オプションを使います。

# webapp-config -h localhost -d cacti -C cacti 1.0.4

書式は設置する時の -I とまったく同じです。

なお、例えばよくある config.php とか、なんらか手を加えて変更したファイルは撤去されずに残ります。本当にきれいに消すのであれば、この残されたファイルをバックアップするなりなんなりした後で……

# cd /var/www/localhost/htdocs
# rm -rf ./cacti

……と、結局こうなります。

https://manimani.cc/lib/plugins/linkback/exe/trackback.php/wiki:linux:webapp-config